2011.3.11-

東日本大震災・熊本地震を受けて、故郷を離れて生活を送っている中学生から高校生のみなさん。

転校先での学校での勉強や宿題、高校受験や大学受験の自主学習のお手伝いを大学生がお手伝いします。

大学生のわたしたちに少しでもできることがあるのなら。

とても厳しい環境だけど、一緒に学びの場をつくろう。

ペンは震災よりも強し。

震災なんかに負けるな!

そして、よろしく、大学生のみなさん。

未来へのバトンを東北・熊本の子どもたちに渡すために。

未来へつながる教室を、みんなでつくっていこう。

故郷を離れて生活を送っている
東北・熊本の小中高生のみんなへ

​コロナウイルスの影響で、現在は火曜日はオンラインで(19:00-21:00)、土曜日は横浜市西区福祉保健活動拠点で(14:30-16:30)実施しています。

​詳しくは学習室についてをご覧ください。お問合せも随時受け付けています。

​参加は無料です。

​子供たちを応援するボランティア大学生を募集中です

私たちは継続的な子どもたちへの支援のためにボランティア大学生の募集を随時しております。

​いつでもお問合せをお待ちしております。

・2021年4月10日(土)から2021年度の活動を開始しました。

引き続きオンラインと対面を併用しての開催となります。

・2021年度より土曜日のよこはま学習室の開催時間が以下の通り変更になります。

​新開催時間:14:30-16:30

年末年始について

2020年12月は26日(土)まで、2021年は1月5日(火)開始です。

・2020年11月14日
対面での活動を再開しました。

​毎週火曜日はオンラインで(19:00-21:00)、土曜日は横浜市西区福祉保健活動拠点で(15:00-17:00)実施しています。

・2020年4月7日

コロナウイルスの感染予防のため、2020年4月よりオンラインで毎週火曜日と土曜日19:00−21:00に開催しています。

​◇Project

1 東北および熊本の子どもたちの日常における学習サポート(高校・大

  受験:週2回)、夏季講習、模擬試験、面接練習、進路相談など

2 ピクニックやクリスマス会、大学キャンパス案内などのイベントの実施

3 夏季休暇を活用しての東北被災地の子どもたちの学習支援(2012年〜

  2017年;宮城県東松島市・石巻市)

4 震災とのつながりを考える高校への出張授業

5 「守りたい・子ども未来プロジェクト」等、他団体と連携した支援活動

【特別協力】

慶應義塾大学商学部牛島利明研究会

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 team Global Education (大川恵子研究室)

【これまでの助成】

〈2018年度〉

タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム

〈2017年度〉

タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム

〈2016年度〉

タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム

〈2015年度〉

福島県ふるさとふくしま帰還支援事業

広域避難者地域活動サポート助成

〈2014年度〉

神奈川子ども未来ファンド2014年度助成事業

〈2013年度〉

パルシステム神奈川ゆめコープ「2013年度市民活動応援プログラム」

かわさきサポート基金

神奈川子ども未来ファンド2013年度助成事業

​〈2012年度〉

パルシステム神奈川ゆめコープ「2012年度市民活動応援プログラム」

かわさきサポート基金

かわさき市民活動センター「災害ボランティア活動助成金」

【受賞】

〈2018年度〉

第50回社会貢献者表彰

〈2014年度〉

神奈川新聞社・神奈川新聞厚生文化事業団「第27回神奈川地域社会事業賞」地域社会事業賞

住友生命「YOUNG JAPAN ACTION」奨励賞

​連絡先

​鈴木健大

shonancafe134@gmail.com

​とどろき学習室・よこはま学習室代表

都留文科大学教養学部地域社会学科准教授/慶應義塾大学メディアデザイン研究所リサーチャー

© 2020 by とどろき学習室・よこはま学習室 created with Wix.com 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now